• ホーム
  • >パワーストーンはなぜ守ってくれるの?

パワーストーンはなぜ守ってくれるの?

なぜ、パワーストーンはあなたを守り、願いをかなえてくれると言われているのでしょう?

それには、まず、パワーストーンの鉱石としての仕組みから理解する必要があります。

パワーストーンには、その石それぞれ固有の意識があり、波動を持っているといわれています。

よく知られていることですが、水の対して、毎日、「ありがとう」と言い続けたものと「馬鹿やろう」と言い続けたものとでは、その結晶の姿に大きな違いが出てきます。

水へのメッセージ(波動)によって、水はまったく違う反応を私たちに返してくれます。

これは、水には、意識があり、あなたの呼びかけをきちんと聞いているという1つの証明にもなっています。

実は、水以外にも、鉱石、宝石、パワーストーンにも同じように、意識があることを古代の人たちは理解していました。

そして、宝石やパワーストーンと意識を同調させ、よい波動を与えることによって、自分自身にそのよい波動がかえってくることを体験的に理解していました。

鉱物は特定の結晶状態を維持しているため、特定の振動周波数を維持しています。

外界からやってくる特定の周波数に共鳴しやすいという性質が知られています。

言い方をかえると、「願い」という形の意識の波動を、鉱物が増幅し、外界に向けて放ってくれるのです。

パワーストーンは古来から人の力を高め、願いを叶えてくれる神聖な石として、時に神のごとく崇拝され、時に求愛の証となり、人類に深く関わってきました。

日々、パワーストーンと語り合うことによって、事前に自分におきそうな出来事を直感的につかんだり、なんとなく未来予知をすることが出来るようになる方もいます。

あなたと同調したパワーストーンは、あなたへのメッセージを様々な方法で表現します。

パワーストーンは、いろいろなサインをだすことで知られていますが、メッセージの例として、色が薄くなったり、淡くなったり、石が欠けてしまったり、いつのまにか石が消えてしまったり・・・

パワーストーンに変化が現れるのは、あなたとパワーストーンがコンタクトをとれている証拠です。

◆オーヴのアクセリーにビーズ(スワロフスキー)を使っている訳

古代の人々は石やビーズを崇高な存在として珍重してきました。

ビーズの語源は「BEADER=祈る人」の由来によるものと言われます。

きらきら輝くビーズは太陽を吸収し運気を向上させ願いを叶える手助けをする役割があります。

ビーズにも意味があるのですよ。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索